• 大人にきびの原因とは?

    20代後半から大人にきびに悩む方は多くいます。

    朝日新聞デジタル情報探しのサポートをいたします。

    そんな肌荒れの原因の一つはターンオーバーの低下です。
    人の肌は絶えずゆっくりと生まれ変わっています。

    この周期をターンオーバーと言います。

    そしてこのターンオーバーは若い頃は活発ですが、歳を重ねると低下してしまいます。それに加え、生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの変化があるため、さらに肌状態が悪くなってしまうのです。

    にきびの情報が必要な方必見です。

    そしてターンオーバーが低下すると肌表面には古い角質が蓄積しやすくなります。

    古い角質には保水力・保湿力がないため、肌は乾燥し、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。


    すると乾燥により皮脂が過剰分泌され、それが古い角質や汚れと共に毛穴に詰まりやすくなります。
    そして炎症を起こして、大人にきびとなってしまうのです。


    また、大人にきびの特徴といえば繰り返しできてしまうこととしつこい跡です。それもやはりターンオーバーの低下が原因です。



    このような肌状態の場合、にきびが治っても肌質自体が改善されなければ、また毛穴詰まりを起こしやすいので繰り返してしまうのです。

    また、肌の生まれ変わりも滞っているため、傷ついたり色素沈着した角質が肌表面に残り、ニキビ跡となってしまうのです。
    このように大人にきびの原因の一つは肌のターンオーバーの低下です。


    そのため、予防・改善するためにはこれを促進するようなスキンケアが必要です。
    また、乾燥から肌を守るために重点的な保湿ケアも必要です。

  • 基本知識

    • 肌トラブルの中でもにきびは、正しく対処をしないと、醜い跡となって残ってしまうことにもつながりかねず、厄介なトラブルだといわれています。最近では、様々なメーカーから、専用に開発されたスキンケアコスメが販売されており、にきびに特化したケアができるようになっていますが、そういったものを使ってみても、なかなか治らない、どんどん増える、というような場合には、できるだけ早い段階で医療機関におけるにきび治療に切り変えるべきです。...

  • 耳より情報

    • 最近、女性の肌悩みで増えているといわれているにきび、本来であれば皮脂分泌が盛んとなる思春期特有の肌トラブルですが、近年では、女性を取り巻く環境が大きく変わってきていることも影響して、ホルモンバランスの崩れから皮脂量が増え、この悩みを抱えてしまう女性が続出しているようです。若い肌にできるものとは違って、いろいろな原因が複雑に絡み合ってしまっていることも多いので、繰り返し何度も同じ場所にできるなど、なかなか改善しないという問題もあり、深刻なコンプレックスとなって女性を苦しめています。...

  • 専門知識

    • 近年、年齢に関係なく、にきびに悩まされる女性が続出しており、見た目にも肌がぼこぼこしているので汚らしく、深刻なコンプレックスとなってしまっている方も少なくありません。できるだけ早めに正しい処置を行い、跡残りさせずに治すことが大切なので、洗顔ではぜひ、ピーリング石鹸を使ってみましょう。...

  • 予備知識

    • にきびというと肌が皮脂でべたつくことが原因でできるものというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。たしかに過剰な皮脂の分泌は肌の炎症を引き起こす原因となりますが、かといって一日に何回も洗顔したり、あぶらとり紙を使いすぎたりすることで皮脂の量が極端に減ってしまうことも逆ににきびの原因となることをご存知でしょうか。...