一軒家に比べて雨漏りの発生回数が少ないマンションですが、油断していると知らないうちに雨漏りの被害を受けている事もあります。屋上に住んでいる人だけが被害に遭うと思われがちですが、実際には上の階の部屋で水漏れが起こり下の階の部屋に水が落ちてくるというケースもよくあります。一軒家の場合は、近隣住民の事をほとんど気にすることなく修理や工事を依頼する事ができますが、マンションの場合はたくさんの人が近くに住んでいる事になるので修理や工事を依頼する際には、近くの部屋に住んでいる人の事を考慮して依頼をする必要があります。被害が大きくなるほど、修理や工事の規模も大きくなります。

規模が大きくなってしまうと、近くの部屋に住んでいる人に協力をお願いしたり、工事中の音に対する処置も行わなければなりません。このように大規模な修理や工事をして近くの部屋に住んでいる人に迷惑をかけないようにする為にはマンションでは雨漏りの早期発見が大切です。被害が少ない状態で修理や工事を依頼すれば、近くの部屋に住んでいる人に協力をお願いする必要も無く、工事中の騒音をそれほど気にする必要がありません。天井に水のシミができている事に気づいたり、天井が湿っている事に気づいたら早めに直してもらえるように依頼をするようにしましょう。

日常生活の中でよく観察しておく事が大切です。マンションでの雨漏りの被害を最小限に抑える為に、早期発見を心がけましょう。つまりのトラブルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です