キッチンで発生する詰まりの原因で多いのは、排水部分に固形物が入り込む現象です。小さな生ごみが見えたら直接取り除くのが良いのですが、取り除けない位置にある場合には業者に依頼しなければなりません。油汚れは熱湯で流すことが可能ですが、熱湯によって部品が傷むことが心配な場合には洗剤を使う方法もあります。何か大きめのものを落としてしまって取れない場合には、自分で修理しようとせずに業者に依頼するのが一番です。

無理やり修理しようとすると排水管を傷めてしまうかもしれません。詰まりは目に見える部分なのか、見えない部分なのかで対処法が変わります。見えない部分は物理的に除去できないため、洗剤や熱湯を利用するのが一般的です。やることが比較的明確な詰まりとは違い、水漏れは様々な原因で起きることがあり、原因を特定するのが大変です。

一番気づきやすいのは蛇口周りの水漏れであり、パッキンが古くなることで起こります。パッキンの場合には新しいものに交換するだけで良いので、修理といっても簡単です。シンク下の部分を確認すると水溜りやシミができていることがありますが、これは排水管に不具合が起きている証拠です。排水管の接合部分が緩んでいるだけなら締め直しで直せますが、ヒビが入ったりして交換が必要になると自分では対処できません。

その場合は放置してしまうとカビの原因にもなりますので、水漏れ修理業者を呼んで交換してもらうことになります。水道工事のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です