トイレ修理は自分で修理できるものとできないものがあります。もちろん簡単な水漏れは自分で修理したほうが得ですが、その見極めが難しいのが実際のところです。一つ間違えますと状況を悪化させることになり、修理代金が高くなることもあります。トイレの水漏れにはいろいろなケースがありますが、ここではその幾つかを紹介し原因を説明します。

それを見てから自分でできるか業者に依頼したほうがよいのかを決めるのが賢明な対応策です。タンク内の水漏れはなかなか気づきにくく、タンクから便器にいつまでも少しずつ水が流れ続けるトラブルです。このトラブルはタンク内の給水を止めるシステムが壊れているからです。配管からの漏れは目に付きやすいのでわかりやすいですが、この修理方法は意外に難しくなくネジを締め直したり、パッキンを交換することで直すことができます。

ここまで紹介しましたのはどちらかと言いますとわかりやすく対応しやすいトラブルですが、次の漏れはかなり難しいものです。それはトイレの床が濡れている場合です。床が濡れているのですから、漏れが起きているのは間違いないのですが、問題はその原因です。例えば便器と床の間に発生する水漏れは便器に原因があるのか、つなぎ目に原因があるのか素人ではなかなか判断が難しいものがあります。

例えば、タンクと便器のつなぎ目から漏れていても、水が配管と便器を伝わって床に水が溜まります。また真冬ではウォシュレットの高い温度のとの関連で水滴がつき、それが床に溜まることもあります。このような専門的過ぎるときは業者に依頼するのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です