レバーを操作すると、便器の中に水が流れて綺麗にしてくれ、ある程度の水が流れると止まります。しかし、なんらかのトラブルが起きているような状況だと、水の流れが止まらないことも。どういった場合にそういったトラブルが起きるのか紹介します。トイレのタンクの中に「フロートバルブ」というものがありますが、これはレバーの先に鎖でつながれたゴムのことです。

機能としては、レバーを操作することで、フロートバルブのゴム玉が排水口を塞いだり開けたりすることで、水を止めたり流したりするというものです。この部品は当然劣化しますが、そうなると隙間ができるようになり、水が便器内に流れてしまうことがあります。また、フロートバルブには鎖が付いていますが、地震の影響でこれがからまると便器の中に水が流れ続けてしまう可能性がありますが、からまっただけなら自分でなんとかできるでしょう。タンクの中には前述した通り「鎖」があります。

鎖は、レバーを操作すると鎖が引っ張られてフロートバルブが持ち上がることで、タンクの中にある水が便器の内に流れるという仕組みになっています。この鎖は消耗品で切れることもあり、そうなると、フロートバルブの位置ずれがおきてしまい便器内に水が供給され続けることも。「フロートバルブ」「鎖」による水漏れを、専門家に相談した場合の修理費用は一概にはいえませんが、それぞれ10、000円程度をみておけば大丈夫でしょう。自分でも水漏れのトイレの修理をできるかもしれませんが、事態が悪化してしまう可能性もあるので、トイレの水漏れ修理は専門家に相談した方が無難かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です