• にきびの意外な原因 乾燥

    にきびというと肌が皮脂でべたつくことが原因でできるものというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。



    たしかに過剰な皮脂の分泌は肌の炎症を引き起こす原因となりますが、かといって一日に何回も洗顔したり、あぶらとり紙を使いすぎたりすることで皮脂の量が極端に減ってしまうことも逆ににきびの原因となることをご存知でしょうか。
    皮脂は肌を乾燥から守るために分泌されています。不規則な食生活や睡眠不足などが続くと肌の皮脂バランスが保たれにくくなり、肌がベタつきやすくなってしまうことがあります。これがにきびができる原因のひとつなのですが、そこで皮脂を減らそうと躍起になって洗顔しすぎたりすると、今度は皮脂がとられすぎて乾燥してしまいます。

    goo ニュースの最新情報を公開しています。

    乾燥した肌は外部からの刺激に弱くなっており、肌の角質層が傷つきやすくなっているため肌は自己防衛機能として潤いを与えるために皮脂の分泌を促進させます。
    このようにせっかく洗顔して皮脂をスッキリ落としても、結局はかえって皮脂の分泌を促してベタついた肌環境を作ってしまう可能性もあるのです。
    洗顔やあぶらとり紙の使用は必要最小限にとどめ、保湿ケアもしっかりおこなうことがにきび対策の大切なポイントとなります。

    洗浄力の強い洗顔料はなるべく避け、マイルドに洗える洗顔料をしっかりと泡立て、摩擦が起きないように優しく洗顔することが大切です。
    洗顔後は必ず化粧水やクリームで水分と適度な油分を補い、肌内部の水分が蒸発するのを防ぎましょう。